相談から心の不調を取り除く、魔法のような心療内科

心療内科が増えた背景

なぜクリニックは増えてきたのか

頭に手をやる主婦

最近では「心療内科」を掲げているクリニックや病院をよく見かけるようになりました。大都市である名古屋でも例外ではありません。どうして心療内科が増えてきたのでしょうか。一つには精神科には行きたくないけど心療内科であればハードルが低いのではと考える患者が増えてきたことが挙げられます。実は心療内科自体まだ歴史が浅く、心療内科と標ぼうが認められたのは1996年のことであります。医師が精神科と看板を掲げると患者が行きにくいこともあって心療内科を掲げることが多くなったようです。ここ近年では名古屋のような大都市を中心にクリニックの数が急増しているそうです。ちなみに標ぼうの仕方については現在の医療法では特に規制がないため、どの科を掲げても良いことになっています。

心療内科の今後について

現在では名古屋のような大都市を中心にして心療内科のクリニックの数は増えているそうです。特に現代社会では経済の不安定さや人間関係の複雑さや少子高齢化などストレスがますます増えていく社会でもあります。また日本の各地で大規模な自然災害も起きて避難を余儀なくされたり、仕事を失ったり、大切な家族が亡くなったりとそのストレスは増えています。こうした背景を受けて今後もますます体調を崩す人も増えるかもしれません。すると受け皿となる心療内科の必要性はますます増えてくると思われます。名古屋のような大都市であってもそれは例外ではないでしょう。一方でこの医療分野の研究もますます進んで新しい医療が提供されるようになるのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加